K.M.Tomyam について

どんな組織にも、どんな人にもさまざまなドラマや歴史があります。それらをプロモーション、社内教育など顧客の方々の目的やニーズにあわせて掘り起こし、ビデオ撮影して、有効活用できるメディア(プロモーションビデオ、教育ビデオ、ウェブサイト向け映像データ、社史等の出版物)に編集制作するのが私たち「K.M.Tomyam 」の仕事です。「物語」を掘り起こして映像化する

バンコクのある日系企業のプロモーションビデオを制作したとき、その企業の会長からのリクエストは単純明快 でした。

『”この会社は面白い! いい会社だ!“と人の心を動かすビデオをつくってほしい』

「人の心を動かす」というのは難しい課題ですが、これこそ私たちが得意とする分野です。

企業ポリシー、 社員数、 製品、歴史、売り上げなどの情報は組織の概要を知る上では有効ですが、それ以上を語ることはできません。その企業の歴史、新分野、新技術などがなぜ、どの ように、どんな人たちのどんな思いで動いてきたのか。それがどう現在、未来の活動につながっていくのか。こうした舞台裏の物語にこそ、企業や組織の核心が あるにもかかわらず、多くの場合は次世代に語り継がれず、生かされないままになっています。情報は人の心を動かすことはできませんが、『物語』は見る人の 心を動かすことができます。

K.M.Tomyam の代表、奥野安彦と佐保美恵子はドキュメンタリー制作の分野で、20年以上活躍してきたカメラマンとライターです。ドキュメンタリーの命は企画力と取材 力。彼らの企画力、取材力、表現力を生かして、 K.M.Tomyam は企業、教育機関、NGO などを対象に物語を掘り起こしながら、『人の心を動かす』映像制作にチャレンジし続けています。

 

K.M.Tomyam の仕事スタイル

■ 提案型の仕事スタイルを重視しています ■

顧客の方々から具体的な希望を伺いながらミーティングでニーズを洗い出し、映像メディアや出版物の目的、ターゲットの明確化 、構成内容、より有効的な使い方など、常に提案型の仕事スタイルを重視しています。

■ 撮影前の取材に十分な時間をかけます ■

撮影&制作に入る前に十分な取材を行い、顧客の方々と制作物の方向性を定めていきます。

■ 映像作品の質の高さで CS を追求します ■

顧客の方々のニーズや使用目的にもよりますが、 プロモーションビデオや教育ビデオの既成概念にとらわれず、常にユニークで質の高い映像制作を目指しています。 また必要に応じてビデオコンテンツの部分変更、ウェブサイト向けの映像編集なども行います。

■ 8カ国語対応、デザインも担当します ■

映像制作では日本語版、英語版、タイ語版、韓国語版、中国語版、ベトナム語版、フランス語版、イタリア語版の8カ国語による制作が可能です。必要に応じてDVD のマスプロダクション、パッケージデザインも担当いたします。

 

 

会社名 : K.M.Tomyam Co., Ltd.
会社設立 : 2005年12月 代表取締役、奥野安彦
資本 : 400万バーツ
オフィス : 168, Moo1, Chomdoi Rd. T.Changpuak, A.Muang ChiangMai
50300 Thailand
電話 : 66(タイ) – (0)-53-217-170
ファックス : 66(タイ) – (0)-53-414-044
仕事エリア : タイを中心とした東南アジア全域
ワーキング フィールド : 映像,ウェブ、編集制作、コーディネーション&マーケティング
使用言語 : 英語, 日本御, タイ語, 韓国語, 中国語, ベトナム語、タガロク語、フランス語, イタリア 語

 

弊社が3分で分かるビデオです。下をクリックして下さい。

 

毎日更新!チェンマイ発の情報サイト!
書評や漫画、コンテンツが盛りだくさん。